ディズニーに1000万円使った主婦のエクスペリエンス

ディズニーに関するおしゃべりタイム。お役立ち情報も!

アナハイムへ行こう!~計画編2~

f:id:route66ram:20190313082945p:plain

ディズニーランド・リゾート | ようこそ、魔法の国へ

実は私、この歳ですので、グリーティングは苦手なんですね。

ハグしてくれるミッキーに申し訳なくて・・

クラブ33でも、申し訳ないという一心でミッキーとハグできるプランを望みませんでした。

でも!

このコスチュームのミッキー&ミニーには会いたい!

なぜだかとってもワクワクするんですね。

幸せを感じる気がするんですね。

でも私が行く9月の初めに、この90周年イベント「ゲット・ユア・イヤーズ・オン」はまだ続いているんでしょうかね・・

どうして会いたいので調べてみることにします。

後日また報告しますね。

 

ということで、今回の旅行の大まかな日程ができました。

ここ1ヶ月ほど、自分の家の仕事が大きく変わったのと、子どもたちのお世話(といっても大学生なんですがね)が重なり、忙しくてなかなか旅行プランに手を付けられない状態が続いています。

いつもならさっさと勧められるのに、めちゃくちゃじれったい。

来月になれば少し落ち着きそうなので、そしたらちゃっちゃと進めていきたいです。

  

さて今回の日程―

<1日目>    羽田→ロサンゼルス→キングマン(憧れのルート66街道沿い)

<2日目>    キングマンセリグマン(ルート66沿い・カーズの町)→

               グランドキャニオン

<3日目>    グランドキャニオン→アンテロープ→モニュメントバレー

<4日目>     モニュメントバレー→フェニックス空港→アナハイム

<5~6日> ディズニーランド

<7日目>    ハリウッド&ビバリーヒルズの観光&ショッピング

<8日目>    帰国便

<9日目>    羽田着

こんな感じです。

前半4日間は憧れのルート66を走るためにレンタカーを借ります。

50歳代にしてはじめての左ハンドル+右車線。

しかも超長距離。

東京から九州までだとか。

大丈夫でしょうかねえ・・

でも、3日目のグランドキャニオン+アンテロープ+モニュメントバレーは生涯忘れられない日になることは間違いない。

運転がどうのこうのなんて言ってられないんです。

特にこのモニュメントバレー。

ここは地球じゃないと感じるそうです。

そして憧れのルート66。

カーズの町として知られるセリグマンです。

https://activities.his-j.com/TourLeaf/LAS0070/

 

今回の旅行は大学生の息子の「たぶん就職内定&卒業おめでとう記念」の旅行です。

それに私の長年の夢をドッキングさせたもの。

娘曰く―

「お母さんの夢に、お兄ちゃんの希望をドッキングさせたんじゃないの?」

たしかに・・(笑)

 

前回でも書いたとおり、我が家はツアーではなく個人手配。

ツアーではこんなふうに好き勝手なプランはできませんからね。

ということで真っ先に手を付けたのは航空券の確保です。

ビジネスクラスで行きたいところですが、 金銭的に無理。

今回もプレエコです。

 

 

昨日娘がTDLにインパして、Tシャツを物色してきてくれました。

アナハイムに東京のTシャツを着ていきます。

毎回3人で着ていくTシャツがこれ↓(ちょっとシワシワです・汗)

f:id:route66ram:20190317084834j:plain

 こんな感じで3人で着てます(以前のクルーズの時の写真)↓

f:id:route66ram:20180719075500j:plain

もう10年も前にトゥーンタウンで買ったお揃いのTシャツです。

年数は経っていますが、着用回数は少ないのでまだまだ着れますね。

母とお揃いコーデは日本じゃ嫌がる子どもふたりも、海外では平気。

そういえば、日本に来る外国人がファミリーで同じTシャツを着ていたりするのを、バラエティ番組で見かけることがありますね。

TDRではおなじみのお揃いコーデは、WDWではほぼ見かけません。

アメリカの人たちはファッションよりも実用性を重視しているなと感じます。

なにしろ純粋に楽しめるラフな服装です。

一番に気にかけているのは、家族に頻繁に日焼け止めを塗ること。

そこいらじゅうで塗りまくっていました。

靴はスニーカー一択ですしね。

実用性重視です。

 

というわけで、今回娘に頼んだTシャツは和テイストなTシャツでしたが、まだまだ季節的に少ないのか、気に入ったものが無かったようです。

夏までに3人分を買い込んで、乗り込もうと思っています。

 

それでは!

Buon viaggio(ボン ヴィアッジョ)!  よい旅を!