ディズニーに1000万円使った主婦のエクスペリエンス

ディズニーに関するおしゃべりタイム。お役立ち情報も!

シャングリ・ラ ホテル東京・・ すごい!

お恥かしいはなしで。

知らずに泊まったこのホテル、ミシュランガイドで五つ星だったんですね。

感動するのはあったりまえでした・・

 

というわけで、今回もご紹介を。

まずはアクセスから。

f:id:route66ram:20181201171923j:plain

(今の時期なら、こんなかわいいツリーがエントランスでお出迎えしてくれます)

 

東京駅に降りて八重洲口を目指します。

八重洲口が見えたら、八重洲北口へ向かいます。

日本橋口が見えてくるので、そこで外に出ると、目の前がバスターミナル。

その右横が丸の内トラストタワーN館で、その奥がシャングリ・ラになります。

新幹線利用の方は、かなりひっそりとしていますが、日本橋口を直接目指すのがいいと思います。

ã·ã£ã³ã°ãªã»ã©ãããã«å¨è¾ºå°å³

初めての方はとてもわかりにくいです。

グーグルマップで探して向かったのですが、10分程迷い、やっとたどり着きました。

でもそこが一流ホテル!

なんとミート&グリートサービスがあるのです。

これは係の方がコンコースまで迎えに来てくれるというサービス。

実際に私も日本橋口で見かけました。

素敵なサービスですね。

www.facebook.com

 

エントランスはこじんまりとしていて、中央にエレベーター、右手にカウンター、左手に小さなショップ。

f:id:route66ram:20181201171745j:plain

左手のショップ。美味しそうなケーキです。

f:id:route66ram:20181211091751j:plain

右手のカウンターで荷物を預けました。

ディズニークルーズで買ってきたかわいいスーツケースです。

f:id:route66ram:20181211091715j:plain

中央のエレベーターでロビーのある28階へ。

まず飛び込んできた、またもやクリスマスツリー!

f:id:route66ram:20181211091647j:plain

そしてフロントでチェックインです。

f:id:route66ram:20181211091730j:plain

フロントの脇の廊下を歩いていくと、客室に行くエレベーターがあります。

そして部屋まで案内していただき、あの素敵な景色に辿り着きました。

66.ramcafe.club

 

翌朝の食事にも感動です。

朝食はロビー階のピャチェーレ、ザ・ロビーラウンジのどちらかを選びます。

ホテル側からのお勧めはピャチェーレ。

我が家は用事があり早い時間の朝食希望だったので、6時半から利用できるピャチェーレにしました。

ãã£ãã§ã¼ã¬

上の写真はホテル公式サイトのもので夜の写真ですが、朝のピャチェーレはとても明るく、やはり窓際の席からはこんなきれいな景色が見れます。 

f:id:route66ram:20181211202510j:plain

朝食のメニューはブレックファストメニューの中から1品を選びます。

メニューはこちらに掲載されています。

金額が明記されていますが、これは朝食付きのプランで宿泊した人は関係がありません。 www.shangri-la.com

種類はそう多くはないですが、ビュッフェ形式でいろいろなお料理が。 

f:id:route66ram:20181211202330j:plain

f:id:route66ram:20181211202343j:plain

f:id:route66ram:20181211202309j:plain

どれもみな品よく並べられています。

メロンジュースがとてもおいしく、3杯も飲んでしまいました。

f:id:route66ram:20181211202415j:plain

食後にかわいらしいスイーツをいただきたかったのですが・・

もうどうにもこうにもお腹に入れられず、断念。

日本人の感覚だとこれはスイーツのように思えますが、欧米人は平気で朝からこんな甘いものを主食のようにして食べます。

だからあんなに体が大きくなるんでしょうかね・・

五つ星ホテルは、やはり朝食のランクも他のホテルとは比べ物にならないと感じました。

 

シャングリ・ラ東京は、非日常を味わうことができるその名の通りのまさに理想郷。

大変満足なホテルでした。

私としては、新幹線で東京駅を利用して、2泊以上のディズニー滞在なら最終泊をこのホテルにすることをお勧めします。

ディズニー+ミシュラン5つ星ホテルの組み合わせなんて、最高じゃないでしょうか。

予約はどうぞこちらから。

 

次に近辺に用事があるときには、また是非に泊まりたいと思っています。

それでは!

Buon viaggio(ボン ヴィアッジョ)!  よい旅を!